華麗な釣り

シーズンもほぼ終盤のカレイ釣りに、鹿島港の「豊丸」に行ってきました。


標題に華麗なと書きましたけれど、カレイというのは色もジミーヘンドリックスで、あまり華麗じゃないのですね。

カレイというのは、「家令」のように、「はは、ご主人さま」と平伏しているような様子から、カレイと呼ばれるというような説もありますね。
加齢もここに極まった風船屋GGがカレイ釣りでどのような華麗な技を見せるか、さてさて・・・・

だんだんと日の出も早くなってきて、冬のように暁闇の中を出船ということはなくなりました。
4時半集合、5時出船なのですが、港は明るくなっています。
画像

画像

画像


今日はお客は大宮から来ている人と、オイラの二人だけ。後は中乗り(タダで乗って、自分も釣るけど、お客の世話もする人)1人。船宿のおかみさんの計4名

これじゃガソリン代(軽油だけどね)も出るかでないか。お気の毒。
こんな時は出船中止にする船宿もあるけどね。

カレイ釣りは、こんなハデハデの針で釣ります。
画像

画像

アオヤギのエサをつけたり、青イソメをつけたり・・・・
画像

画像


さて、港から30分くらい走ったところで、戦闘開始の合図。

しかし、1時間近く、4人ともに、うんともすんとも魚信がありません。

(あれ?今日は大潮で魚の動きも活発なはずなんだけどなぁ・・・)とちょっと不安が胸をよぎります。

一番最初に竿が曲ったのは船宿のおかみさん。
この人は、なかなかの名人でカレイ釣りではオイラなどは足下にも及びません。
さすがです。

画像

以前は旦那が船長で、夫婦船だったのですが、最近は後継ぎの息子が運転をしている親子船。
息子が飛んできてタモで掬います。
画像


このあと、おかみさんが立て続きに5枚あげ、われわれを引き離します。

「あせらないあせらない」と言い聞かせ、じっくり待っておりますと、ようやくGGにもアタリ。
画像

50cmほどのなかなかのサイズです。
画像

鹿島から飯岡にかけては昔は「座布団かれい」と呼ばれる60cmクラスのものも釣れていたのですが、最近はそこまでのものはなかなか釣れません。
これでよしとしましょう。
外道には、ショウサイフグもつれてきます。
画像

本日のフグは大きさはちょっと小さめですが、なんとか刺身でも食べられそうだし、テンプラ、フライにしたら、絶品ですから持って帰ることにしましょう。

後半はほとんどだれも食わすことができなくなり11時に沖あがり。
11時半には鹿島港に帰ってまいりました。
画像


あまり釣れなかったので、釣り宿で、お土産をくれました。
え?シラスにしてはちょっと大きいね。
画像

稚アユのシラスだとのこと。
ポン酢でたべたらおいしかった。残りは卵とじかなんかで食べるとしよう。

オイラはこれだけ釣れたら満足だけどね。
50cm級が3尾。2人で半身も食べられません。
画像


5枚におろしまして・・・・
画像

刺身にしたり・・・・
これくらいの大きさになると、エンガワもきっちりととれます。
画像

画像

残りは、冷凍にしまして、ヤレヤレです。

あ、そうそう、このショウサイフグもあるんだっけ。ま、半身にして、鍋にいれるか、天ぷらで食べるか。
フグではトラフグが一番うまいけど、2番手が赤目フグか、このショウサイフグといったところではないでしょうか。
スーパーでたまに出ているのは、サバフグかシロサバフグで大分落ちますからね。
画像


あーあーもう冷凍庫が一杯だなあ。北海道から、冷凍餃子を大量に取り寄せていたのをすっかり忘れていた。
しばらくは、カレイと餃子を必死で食べなくちゃ。

そういえば海鮮カレーをカレイで作ればおもしろいかも。カレイカレーなんてね。
やってみようっと。

この記事へのコメント

sazae3
2015年04月18日 16:17
「東奔西走」遊びでお忙しいのは結構ですね。それにしても・・・お魚は高いのに・・奥様は大喜びでしょうね。
調理もして頂けるのですから・・・・羨ましいです。

エンガワ美味しそうですね。身近な人に釣りを趣味にする人がいないので、ただただ羨ましい限りです。

昨日富田の芝桜見て来ました。満開でしたね。
2015年04月18日 17:20
はたして我が家の家政婦がそれほど喜んでいるとは思えませんけどね(苦笑)。機嫌良く送り出してもらうためには、捌くのも自分でやらないといけませんね。
カレイはハラワタが少ないのでいいですが、それでも頭と含めて、結構な生ゴミの発生となりまして、夏などは、月曜日の生ごみ収集まで3日ありますから、猫が寄ってきたりして大変です。
釣れ過ぎた時などは、引きとってもらえる人といいますか、押しつける相手を見つけるのも大変ですし・・・(笑)釣っている本人はともかく家政婦がどう思っているか・・考えないようにしております。