仏教ってなんだっけ

イスラム教ってのはよくわからないね。なんだか世界の紛争のたねを撒くためにあるような宗教だね。


そもそも宗教というのは、人々の苦しみを救うために発生してきたものだと思うのだけど・・・・
ま、今の世界は欧米の論理で動いているから、イスラムの論理もきっちりと聞いてみないとわからないけどね。


一神教というのは、もともと男性原理なんだね。ユダヤ教もイスラムも。いろいろ社会が複雑になってきて、それだけでは運営できなくなって、キリスト教なんかは神とイエスの他にマリア信仰なんかも取り入れて、女性原理に対応してきているんだね。
そのお陰で、三位一体がマリアをいれて四位一体の理論付けをしないといけないことになっちゃったのだけどな。

仏教というのは、もともとが非論理的なところがあって、発生のころから女性原理で動いているところがあるから、これからの複雑な世界の指針となる宗教の可能性もあるのだけんどね。

その仏教がよくわからないのよねえ。

もともとの釈迦の教えというのは割りと単純でそれだけを理解しておればいいのだけど、釈迦が入滅してから、弟子たちが集まって、釈迦の教えをまとめようとしたんだね。

それを結集(けつじゅう)というのだけど、第1回結集のあと、大体100年ごとに開かれて教えの再編集をしてきたんですな。
時代に合わせて修正しているうちに、どんどん最初のものと変わっていって、大乗仏教と小乗仏教とにわかれて諸方に伝播していったと言われております。

その大乗仏教が中国を経由して日本に伝わって仏教となっているわけだけど、そこからがまた大変で、50流派くらいあるらしいやね。

なかには、真言宗立川流なんてのも出来てきて、これはすごいよ。いまの東京都立川市のあたりを中心に流行したらしいけどね。
その修行というのが、女性と堂に閉じこもり何十日も、いろいろといたすらしいのですな。
え、うらやましい?冗談いっちゃいけませんぜ。何十日でっせ。

さすがに、幕府の取り締まりにあって、いまはほとんど廃れてしまったらしいけどね。

律宗なんかも、釈迦の教えとは別に、規律だけを書いた「律蔵」の研究に重きをおいているらしいね。

だから、仏教といっても様々で、「南無阿弥陀仏」とだけ言っていたらすくわれるのだという教えとか、「南無法連華経」とだけ言っておればいいんだナッシーとかね。
日蓮宗とケンカ別れしたS学会とかね。もうわけわかんないね。

もっと原点に立ち返って、釈迦は本当のところ何をどう考えていたのかということを教えてほしいね。

画像


般若心経なんてのがあってね。

菩薩が智慧の完成を実践したんだなっしー
物質的現象も精神的現象も全部仮の姿でそうみえているだけで、空っぽ(空)だと見抜いて、一切の苦を除去しちゃったんだなっしー

舎利ちゃんよ 物質的現象は空なのよ。そうみえているだけで、一瞬あとにはまた違うものになっているのよ。

精神現象もおんなじなんだナッシー。その都度違うのよ。

もろもろの存在は空っぽなんだな。

ほんでもって、生じないし、滅しない。汚れず、清からず、増えもせず、減りもしない。

すべては「空」だと見てしまえば、物質的現象も精神的現象もないのだなっしー

感覚知覚の対象も器官も、感覚知覚それ自身も、一切ないんだものねー

迷いもそれがなくなるということも、老死もそれがなくなるということも無しー

苦を克服する真理も実体ではなく、知ることも得ることもない。

そんなこんなで、智慧を悟った菩薩には心にこだわりがないので

だから恐怖もないし、すべての迷いを離れて永遠の平安にいるんだなっしー


過去現在未来の仏たちは智慧の悟りによって覚醒している

だから智慧の悟りというものは、もうサイコー!なんだなっしー

それはあらゆる苦を取り除き、偽りのない真実なんだなっしー

智慧の悟りの呪文はこういえばいいんだなっしー

ぎゃてい、ぎゃてい はらぎゃていはらそうぎゃてい ぼうじそわか・・・・・


早い話が
この世を形成しているものには実体がないと理解してしまうと怖いものがなくなるというわけですな。

実体がないということを、頭で理解するのではなく、心の底から「わかる」ためにはいろいろな工夫が必要なんだね。
そのひとつが、意味わかんねえけど「ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい はたそうぎゃてい ぼうじそわか」と毎日唱えてみなさいってことだね。

ま、寝よう寝ようと思っているとなかなか眠れないのと同じで、悟ろう悟ろうと思っていると悟れないということかな。だから、だまって坐るだけとか、ぎゃていぎゃていと意味のわからないことを唱えるとか、しているとある日突然解る時が来るかもしれないね。
そういう意味では南無妙法蓮華経でも南無阿弥陀仏でもなんでもいいかもしれない。


認識については「ツアラトゥストラはかく語りき」で有名なニーチェなんかも似たようなことを言っているんだなっしー
この世の認識は遠近法である。なんてね。
みんな、自分の近くのものは大きくみえるし、遠くの物は小さく見える。
だから現象なんて、みーんな個々バラバラで実体なんかないってことだね。

自分の子は可愛いけど、人の子はそうでもないとか。
イスラム教のひとはイスラムがすべてで、キリストの教えなんてくだらなーいとかね。


月曜日に80Kmこいでから、火・水・木と3日間、自転車に乗っておりません。
雨に降りこめられて、やることないから、こんなつまんない事を考えて一日が終ってしまうんだナッシー

この記事へのコメント