紫陽雨

今日は7月7日、タナボタ、じゃなかった、たなばたですね。
残念ながら曇りのち雨ということで、天の川も増水で、牽牛、織姫も今年はだめですね。

もっともね、晴れていたとしても、天の川は見えないのよね。「東京には空がない」とすでに遠い昔に、智恵子ねえさんもおっしゃってますからね。
ところで、1年に1回しか会えないあの二人、本音のところはどうなんだろうね。ちょっと聞いてみたいね。

織姫「ねえ、あんた、私たちどうすんのよ。こんな関係いつまで続けんのよ」
牽牛「そうだな、以前はね残りの364日お前のことだけ考えていたんだけど、最近どうもね」
織姫「そう、私もなのよ」
牽牛「お互い、新しい人生を歩く時がきたのかなぁ」
織姫「でもね、問題はあの人たちなのよね」
牽牛「そうそう、竹なんか切ってきてさ、橋をかけてくれるのかと思ったら・・・」
織姫「自分たちの勝手な願い事、紙に書いてぶら下げてんのよね」
牽牛「自分たちは適当にあっさりと離婚したりしているくせにね。おれたちには純愛強制」
織姫・牽牛「もうそろそろ勘弁してほしいな」

なーんてね。言っているかもね。

これは、仙台の七夕飾りですけど、今日のものではありません。
以前に、「東北3大まつり一挙制覇」の快挙(なんのこっちゃ)やった時のものです。
あれは旧暦でやるから8月なんですね。
画像


今日は、雨が降るという予報で、朝一番で眼科医に行く用事もあったので、自転車はあきらめていたのですけどね。

医者から帰ってきても、雨は今にも降りそうだけど、いわゆる「降りみ降らずみ」という状態。

10時頃に「えーい、ままよ」と自転車取り出します。
空気は湿気でじとーっとしていますが、自転車のるとやっぱり気持ちいいわ。

農道の奥に、ひまわりがもう咲いています。
画像

ちょっと早いんでないかい?
しかしこんな日当たりの悪いところでよく咲いたね。
画像

咲いている一角だけ、明るい雰囲気だけどね・・・

でもやっぱり、雨には紫陽花が合うね。あるいは紫陽花には雨が合うというべきか。
梅には梅雨があるのだから、あじさいにも紫陽雨ということばを作ってあげたいね。
画像

画像


ひまわりさん、もう少しゆっくり咲きなさいね。あと少しで梅雨も明けるからさ。

これは何の花か知りませんが、雨の間を縫って、ちょうちょ、みつばちなどが集まってきています。
よほど蜜がとれるのか。
画像

画像

こちらはミツバチ(のつもり)。ぶんぶん動いて完全ピンボケ。
画像


  ロード俳句
   梅雨空の 雨が気づかう 蝶が舞う (風船屋)


途中で小ぬか雨が降ってきた時もありましたが、それも一時で、なんとか50Kmほど乗って帰ってきました。

一応、週末100Kmを目標にしておりますのでね。せめて50Kmは走っておかないとね。

10月に糸魚川の知り合いに挑戦を受けておりまして、糸魚川グランフォンドに出ることになっておりますので、あまり練習さぼるわけにもいかないのよね。やたらめったら坂があるらしいのでね。

体重もちょっと減らしておかないと・・・・
いま、82.2Kgだからね、目標76Kg,いや78、うーん79Kg、とりあえず81,8Kgかな。


昨日の飲み会が、すき焼きの食べ放題だったのよね。
肉のお代わり自由、野菜お代わり自由、卵のお代わり自由、うどんも食べ放題。
ほんとにもう、悲惨・・・・
とにかく「ホーダイ」に弱いこの性格をなんとかしないとな。


画像

え、なに?この猫なんだって?
途中でね、やけにガン飛ばしてくるのでね、思わず緊張のにらみ合い。
野良ネコだろうね。ゴミ置場の隣りに居座っておりました。
敵ながらアッパレな目つき。キツネ目だね。キツネコ。
ま、人生いろいろあらぁな。頑張れよ。



この記事へのコメント