ジロジロ見ないで

普段であれば、「いやーん、ジロジロみないで」なんて、ふざけるGGなのでありますが、今回はちょっとね・・・・

子供の頃から、普通でない人と接するのが不得意なのですね。普通でないなんて、失礼だけどね。
普通ってなんだよってことになるのだけど。
大体が、クチベタで人見知りが激しい性格なんですが、その上に、かくなる事情がありますとね。
困ってしまうのであります。

たとえば、小学生のころに同じ集落のひとで、聾啞で、知恵遅れの人が道端に立っていたりしまして、なにか一生懸命話しかけてくるのですが、どう対応していいやら・・
母親は「そんなもん、ああそうか、そうかって、言うたったらええねん」と言っておりましたが、なかなかね、子供の頃はね、そうもいかないのですね。

知恵遅れではないけど、顔を始めとした、身体的に普通でないひと(なんて言うのかなぁ)とあったりしますと、いい年して、視線をどうしたらいのか、迷うのでありますね。今でも苦手。
さっと視線を外すのもどうかと思うし、かといってあまり見るのもどうかと思うのであります。こういう時に相手からみると、視線がきょときょとしていて、不愉快なのだろうなぁと思うのですけどね。
じゃぁ、どうすればよいか。

解決策はないと思うのですが、当のご本人たちに、インタビューした本があります。
何かの参考になるのかな。

題名「ジロジロ見ないで」 扶桑社刊 撮影:高橋聖人、構成:茅島奈緒深
という本です。
画像



いろいろ顔に外観上の問題を持っているひとたち9人のお話です。

たとえばFさん:
学校の先生ですけどね。中学2年生の時に、突然顔に沸騰したヤカンを押しつけられたような熱さで眼を覚ましたのが始まり、起きて鏡を見ると顔にあざができて、ピクピクともりあがり、まるで皮膚の下で、虫が動いているように広がっていったそうです。
「海綿状血管腫」というのらしいですけどね。

結果として、あざがむくむくと盛り上がり、右目はお岩さんのように赤く垂れ下がり、唇も右側が大きくはれ、象の鼻のように、顎まで垂れ下がった状態になったそうです。
写真も掲載されておりますが、省略します。その後一度手術をされて、はれは小さくはできたらしいのですが、また大きくなってきているらしいです。
子供の頃から「バケモノ」と呼ばれて、ひどいめにあったらしいですよ。
電車の中で、いきなりツバを吐きかけられたことも、数えたことはないが、100回は超えているとのこと。ひどいヤツがいるものだね。

いろいろな紆余曲折を経て、このFさんはジロジロ見られてにらみ返していた頃もあったらしいのですが、最近はにっこりと会釈することにしているらしいです。するとドギマギと視線を外すひともおれば、会釈を返してくれるひとも多くなってきたらしいです。
いまは、短大の先生として、学生と普通に付き合っていて、学生は何のこだわりもないらしいです。


 次は女性のMさん:
不良の先輩にシンナーを分ける作業に立ち会わされ、その時灯りに使っていたライターがシンナーに引火して、指は焼け焦げ骨にまで達し、顔は全体がケロイド状にひきつれてしまったひとですね。形成外科も含めて治療に10年かかる、10年かかってももとにはもどらないといわれたそうです。
顔全体がひきつれてしまってしばらくは、引きこもりとなっていたが、ひとりの友人が精神的なサポートとなったようで、介護士の資格をとって、介護の仕事をしているうちに、だんだんと人との接触がこなせるようになったとのことですね。

そのほかに、円形脱毛症で頭がつるつるになってしまった女性とか、単純性血管腫で顔中あざになったひと、リンパ管腫で顔が腫れた人、レッタリングハウゼン病で顔の片側が腫れておおきく垂れ下がってしまったひとなど。

結局、読んで何か得るところはあったかということになると・・・・・
①あるひとは、日本でいるのがつらくなり、シドニーに一時逃避したところ、向こうの人は赤いアザなど全然気にしないで、眼と眼があった時に、にっこりとほほ笑んでくれて、気分的にものすごく楽になったとのこと。

②顔の赤あざは腫れを伴っていようが、いなかろうが、皮膚下の毛細血管が異常に増えているためだそうで、原因がそういうことだとわかったら、別に眼と眼があっても、どぎまぎする必要もないなと。

③アメリカとか、オーストラリアなどは人種がいろいろなひとがいるから、普通とか普通でないとかの外見上の違いはあまり気にされないみたいだね。

言われてみれば、GGも腹囲が普通でないよと言われば、そうかもしれないし・・・
(そういえば、先日、おいらの腹を見て、目をそむけた人いたなぁ。そういうことだったのか・・)

④この9人の人たちは堂々と写真を本に掲載されているわけで、読んでいるうちにだんだんと見慣れてきたという効果もありましたね。


ということで、なんでも普通だと思えばいいのだよな。
理窟はそういうことなのだけれども、果たしてうまくいきますかどうですか。


にっこりできるかな?
嘲笑に見られないかな?
なーんて気にしつつ。ではまたね

この記事へのコメント