頑張りましょうよ

2週間前の金曜日だったですね。地震と津波がきたのは。
あっという間の2週間でしたね。15時に黙祷しました。

そろそろマスコミも落ち着いてきて、アサヒグラフだとか、毎日グラフなどグラフ雑誌なども出し始めました。テレビとはまた違う切り口ですのでね、買ってきました。
まぁなんともはぁ。言葉もないという惨状ですね。
画像


アサヒグラフに、瓦礫の中に座り込んで泣いている女の子の写真があります。20歳前後かなぁ。短パンなのですよね。寒いだろうに、それどころではないのでしょうね。
普段なら「うむうむ、なかなかの太ももじゃのう」なんて、白い生アシに目が行くGGですが、さすがにそういう目線にはなれません。
歳をとるとともに、涙腺がゆるんできてましてね、涙もろくなっているものですから、電車の中にもかかわらず、不覚にもハンカチを取り出してしまいました。ちょっと恥ずかしかったね。

今回の災害でもいろいろな人がいましたね。最後まで放送で避難を呼びかけていて流されてしまった女性だとか、放送ができなくて、半鐘を叩き続けてやっぱり流されてしまった消防署の人だとか。
原発に放水するために派遣された東京都の消防隊長は奥さんに「福島原発に行ってくるよ」とメールを入れたら、奥さんは「頑張って、日本の救世主になって来なさい」と返事を出したそうです。

三陸の被災地に我々はなにができるかということですね。今の段階では、シロウトが行っても邪魔になるだけでしょうけどね。
仮設住宅が建つまでのあいだ、佐倉市にもいろいろな施設があると思うので、そこに迎える準備を市がやっているのかなぁ。(体育館とか、草笛の丘かな)
我々はそこに来た人たちに何ができるかということでしょうね。
アサヒグラフに、通りかかった人のペットを見て、おばあさんがいい顔で笑っている写真があるのですよね。ペットを飼っているひとは、ペットを連れて訪問するというのもいいかもしれませんね。最近は治療にも犬を使っているらしいですしネ。

そんな先の話よりも、いま、足元で、千葉県が被災地へ送る物資の供出を募集しているようですね。3月27日までですって。供出したいけど、県庁中庁舎ロビーだって。
各市でまとめて県庁まで持っていってくれればいいのにね。この辺の連携が日本の役所のヘタなところなのですね。

あ、佐倉市市民ネット(王子台3-5-13 TEL 043-462-0618)に26日の19:00までに持ち込めば持っていってくれるみたいですね。
赤ちゃん用品(冷却ジェルシート、紙おむつ、お尻ふき、ベビーローション、ベビーオイル)
高齢者用品(紙おむつ、介護用ウエットシート、介護食用とろみ剤、洗浄綿(アルコールなし)
生活用品(コンタクトのケア用品、使い捨て手袋、使い捨てカイロ、生理用品、紙コップ、ラップフィルム、ウエットティッシュ、トイレットペーパー、歯ブラシ、歯磨き粉、ボディソープ、リンスインシャンプー、足拭きマット、スポンジたわし、レジ袋、マスク)
飲料水(水だけ、賞味期限半年以上のもの)

ちょっとちょっと、水の買占めに走ってるそこのおじさん、当然それは被災地に送る分でしょうね。よろしく頼みますよ、本当にもう。
おいらも家の中を探して、何か持っていこうっと。とりあえずかき集めてこれくらいだな。
明日、なにか買い足してもっていくか。お金も大事だけど、モノも大事だからね。
画像


今回の災害で日本経済はものすごい影響を受けると思いますよ。電気がこなくて全然作れないメーカーが一杯出てきていますからね。今はみんな黙っていますけどね、どこかが止まると、連鎖的に止まっていくのですよね。
日本からの部品供給に不安を感じた海外ユーザーは他からの調達を考えるでしょうしね。影響はズーと後を引くと思いますね。困ったものですね。

しかしね、日本人は頑張れると思いますよ。
東北の人たちは、大人しそうに見えるけど、根は明るいのですね。隠された諧謔の感覚はすごいと思います。
自転車旅行で三陸沿いの町を皆んな通りましたけどね、おもしろい人が多かったですね。
時間はかかっても、乗り越えられると思います。そのためには、最初の段階の適切なサポートが大事ですね。

それと、話はちょっと変わりますけどね。
今はね、日本も一人あたりのGDPはシンガポールにも抜かれちゃったとか、GDPの総額は中国に抜かれちゃったとかね、「もうアカーン」という雰囲気が全体的にありますけどね。
ま、確かに厳しいですか、高度成長期50年というのが、皇紀2650年の中で異常だったのであって、あれはいい夢をみたのだと割り切ってしまえば、民間経済としてはまだまだ捨てたものではないのでありますね。
例えばね、いま話題のSmart-Phoneの部品なんかはね、日本製が34%、ドイツが17%、韓国部品13%、米国6%なのでありますね。残りは中国とか、台湾ですが、その部品さえも日本の部品を使って生産されているものが多いという状況なのですね。

対中国貿易もね、中国+香港という捉え方をしますとね、日本はまだ貿易黒字なのでありますね。あれほど安い人件費の中国に対して、黒字ということは大したものではないですか。韓国・台湾に対してもまだ黒字ですからね。
要は政治家および役人がしっかり運転してくれればなんとか持ち直すのではないでしょうか。
アキラメないで頑張りましょうよ。中島みゆきの「地上の星」なんか聞きながら・・・

あ〰あ、また長いブログ書いてしまったなぁ。すみませんねぇ。


この記事へのコメント