風船屋GGのお気楽自転車日記

アクセスカウンタ

zoom RSS アフリカレポート(その5 わんさかシリーズ)

<<   作成日時 : 2017/04/04 20:10   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

ま、どうしても肉食獰猛なものは数も少なく、目撃チャンスはそう多くはないですが、草食動物は草もいっぱいあるし、わんさかわんさか、これでもかこれでもか、どうだどうだと出てきます。

まずは、やっぱりヌーでしょうか。鳴き声が特に子供は「ヌー」といっております。
画像

ヌーはいつみてもうなだれて、おもしろくなさそうな顔して草を食べています。
「やーみんな元気かい。きょうもハッピーだぜ」なんて言っているやつはいません。
画像

画像

ところによっては、こんなにわんさかわんさか、集まっているときがあります。
一番有名なのは8月のヌーの川渡りですね。途中でワニに殺されたり、大変なことになりますが、この時期はあまり移動はしません。
画像

画像

画像


せっかく、アフリカまでいったのに、動物が見られなかった、二度といかないと言っているひともいますが、もしも、ヌー、シマウマ、トムソンガゼルが見られなかったときは、旅行業者に文句を言ってもいいでしょう。多分お金を返してはくれないでしょうけど。
よほど悪い業者を使って安くあげているのではないかと思われます。ガイドの熱心さによってかなり目撃度は違います。
セレンゲティ公園だけで、四国ほどの面積、あるいは東京都・神奈川・千葉を足したくらいの面積と言われておりますから、これを自動車で見て回るわけですからね。運転しているガイドも大変です。
ガイド同士の普段の仲間つきあいも大事で、「今日はどこそこで何をみかけた」という貴重な情報をもらった時はあとで、小さなプレゼントをわたすとか、細かな努力がひつような業界です。
画像

画像

画像

画像




わんさかシリーズの2番手はこれでしょう。シマウマ。どこにでもいます。ロッジの近くにもいました。
画像

画像

画像

国立公園内は基本的には自動車の外にでることは禁止されております。決められた休憩所はOKですが、それほどあちこちにあるわけではないので、どうしてもトイレの問題が出てきます。

それはどうやって解決するか。

答えは青空トイレです。

車を止めて、車から離れないように。車のすぐ後ろでトイレを済ませます。
危険な動物が近づいてこないか、ガイドが見張っておりますのでまず問題はないと思いますが・・・・
問題は女性の場合ですね。
女性も当然青空トイレです。男性だっておしっこはともかく、うんこはちょっと抵抗があるでしょうね。
しかも使った紙は捨てたらダメなので、袋に入れてもって帰ることになります。登山経験者は慣れているでしょうけどね。しかし、登山経験者は草むらにはいってということはできるでしょうけど、周りになにもない、ないったらない!というサバンナですからね。ちょっと抵抗はあるのではないでしょうか。

青空トイレをした女性の話だと、「きっもちいい!」という人とか、「地面が堅いのでしぶきが跳ね返る」というひととか、黙して語らず、ニッコリというひととか、いろいろです。

ところで、駐車場所で降りたところで、シマウマをみかけたおばさん。
カメラをもって追っかけますが、うしろにライオンがきているかもしれませんよぉ。
画像

画像

画像

このシマウマさんも青空トイレの最中です。
画像

画像

画像

画像


はい!ここで問題です。
ここにシマウマは何頭いるでしょうか。
シマウマはライオンなどに追いかけられた時は、群れのなかに入って全員で右左に動くと、どれがどれだかわからなくなって、ライオンは目を回すらしいですよ。
画像

またシマウマはこの「ネッククロス」というポーズをしますが、これはお互い相手の後ろを警戒するポーズだそうです。それと、首をくっつけて親愛の情をしめすという意味もあるそうで・・・
画像


それだけ警戒していてもヒョウライオンなどに殺されることもあります。
今日も2頭が犠牲になりました・・・・・・
画像


ご冥福をお祈りいたします。チーン

・・・・・というのはウソで、単に寝ているだけだそうです。
ネッククロスの注意深さに比べて、この無防備さ。近くにヌーとシマウマの群れがいるから安心しているのでしょうね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いいな!いいな!。。こんな中に居られて・・・羨ましいっ!
sazae
2017/04/05 07:21
ははは、すみませんね、見せびらかすばかりで。
でも黄熱病の予防注射は痛いですよぉ(笑)。成田の予防センターで「いてててっ」と注射室から、わざと顔をしかめてヨロヨロと出てきたら、次の順番の女子大生2人(卒業記念に南米ウユニ湖行くといってました)は、本気でびびってました。実態は普通の注射よりちょっと痛いという程度ですけどね。今回、同行した男性の奥さんは「そんな注射までして、行きたくない!」とついてこなかったらしいです。青空トイレといい、ツエツエ蠅(噛まれると痛い)といい、いいことばかりではないですよ。
風船屋店主toSAZAE3
2017/04/05 08:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
アフリカレポート(その5 わんさかシリーズ) 風船屋GGのお気楽自転車日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる