風船屋GGのお気楽自転車日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 領土問題

<<   作成日時 : 2012/08/27 21:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

いま、世界中に領土問題、国境問題でもめているところが40ヶ所以上もあるそうですね。考えてみれば、パレスチナとか、ゴラン高原などに比べれば、竹島とか、尖閣なんていうのは長閑かなものかもしれません。

アルゼンチンとイギリスの間でもめていたフォークランド諸島もフォークランド戦争でイギリスが勝って、終わったのかと思ったら、まだ紛争が続いているらしいね。


8月27日付けの日経新聞の「春秋」欄に面白い話が載っていました。

北極海近くにハンス島という、1.3平方キロの、竹島より少し大きい島があって、東西にデンマーク領のグリーンランド、カナダの領土に挟まれており、帰属を巡って争われているらしい。
両国は交互に駐在しているらしく、撤収するときに、それそれの部隊が自国のビールを置き土産としておいていく慣わしが自然発生して、ずっと受け継がれているとのこと。
交代で上陸した相手国の兵士はまず、相手方のビールで乾杯しているらしいのです。

係争は1970年代から続いており、今までは、一年の大半が氷結しており、あまり利用価値のない島だったが、地球温暖化でハンス島のある海峡の氷が融ければ北米とアジアを結ぶ最短航路ができることから、お互いに領土権を主張し始めたらしい。
領有権の交渉というのは終わりが見えないが、両国に焦る様子は見えず、互いの見解の不一致を認めたうえで歴史の検証や、共同開発の検討が淡々と進められているらしい。
カナダ軍が置いていったビール箱には「カナダにようこそ」と書いてあったそうで、デンマーク人はニヤリと笑って飲んだに違いない。
・・・と記事にはあります。なかなか面白い話ではありませんか。

竹島もそういう風に進めながら、お互いに共同研究を進めるということがいいかもしれませんね。
GGもいままでは、「早く国際司法裁判所に提訴すればいいじゃないか」と思っておりましたが、こういうやり方もあり得るなぁ、というお話です。

中国のケ小平も「尖閣については中国は現時点では何もいわない。将来、もっといい解決方法が見つかるまで放置」と言っていたらしいから、大人の対応といえるかも知れません。
韓国も、もう少し大人になってくれればいいのだけど、日本に文句を言うことが立国の根本にあるような国だからねえ。
画像

日本も売られたケンカは買わずばなるまいということで、困ったものですな。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
領土問題 風船屋GGのお気楽自転車日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる